« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

2016年4月17日 (日)

WEEK13 -春休み前半-

W13
春休みはラボの「国際交流のつどい」からスタート。
今年国際交流に行く子供たちの英語での決意表明に感動したり、
去年国際交流に行った子供たちの話を聞いてうるっとしたり。
その帰りには近場の美術館に遠征(私の趣味)、つきあってくれた娘のために日本テレビも寄り都会を楽しみました。

週末は父の誕生日だったので、横浜に。
甥っ子がお祭りでとってきて以来飼っているミドリ亀の成長っぷりがすごく。
余談ながら我が家でもお祭りの金魚が大きく育ってて…最近のお祭りの生体って育つのね∑(゚∇゚|||)
右下はめくれるようになっていて、そのままだと煩雑な写真をIN。
煩雑な写真…とにかくモノがあふれている実家。
中央下の写真は遠めだから分からないかな!?とギリ採用してます^_^;

ペーパーもスタンプもケリーをメインに。
手持ちペーパー消費月間!といいつつ、好きなペーパーを使うとテンションあがりますっup

| | コメント (0)

2016年4月16日 (土)

WEEK 11 &12 - 春休み前は大忙し -

W1112

忙しいときのお助けグッズ、12×6インチで作成。
4月14日のMB in SDでのMARIKOさんの言葉「自分の中のパターン」、このサイズが私の中のパターンの一つです。
これがあるから、多少の遅れがあっても「やらなきゃ~sweat01」みたいな負担はなく、楽しく続けられる秘訣となっています。

日々の何気ないランチや出来事、娘の部屋の模様替え(改造!?)のような時間のかかる作業、
忘れてしまいそうなことも写真で残っていると後から見返すといい思い出じゃないかな、と思います。

使用したペーパーは去年のマイマインズアイのI AMシリーズ。
フレックルドフォーンのエンベリとケリーのスタンプで仕上げてます。
フレックルドフォーンのハートは明るい色味ですが、このシリーズに使用すると彩度が落ちてしっくりきます。

| | コメント (0)

2016年4月15日 (金)

WEEK10 -雛祭りはマイマインズアイのペーパーで!-

W10
もうすぐこどもの日というのに雛祭りの時期のWKです。

ずっと姪っ子からお借りしてた雛人形。
理由を話すとながくなるので省略しますが…借りるものではないことは重々承知しています(;・∀・)
今年お返しすることになり、去年のPLに残しておいてよかった!と思いつつ、
TAROの実家から頂いた雛人形の写真を今年も残しておきました。
食べ物の写真もあると去年はこれを作ったな、と見返せるので今年は少しアレンジしようと思ったりできます。

下の左側、メモが裏返ってますが、CPさんのDT作業の際に送られてきたものでしっかり記念に残しておきました。
さらに作成した時の裏話等々もPLなら記述できるので自分用の記録にもぴったり。

余談ながら、バレンタイン、雛祭りはマイマインズアイのペーパーで作ろう!と思ってて。
やはり、色味が行事とあっていた気がします。そしてここで使い切り。
クロップパーティーさんでのプロジェクトライフ作りに活躍(忙しいときにはお助け用だった)してたケリーのマンスリーなくなってしまいましたが、
その分今年は自分のペーパー選びの挑戦と思って楽しんでます(^ ^*)
さて、次はなんのペーパー使おうかな。

| | コメント (0)

2016年4月 4日 (月)

Week7 & 8 12×6インチでプロジェクトライフ

W67_3

忙しさを見越して、12×6インチで作成しようと最初から思っていた6&7。
いつもは12×12インチで1週を作成していますが、
どうしても写真を撮れそうもないな、という週ももちろんでてきます。
そんなときに便利なのが、横が12×6インチのポケット(縦長になります)
週とメモと写真がちょっと残せるし、作るのも短時間、
全くクラフトから離れることもないので、「作りたい」「作らなきゃ(!?)」ストレスもかかりません!

バレンタインデー&習い事のプチ国際交流のウィーク7。
チョコレートは殆ど手を出すこともなく娘一人で作成。
国際交流は付き添えなかったのですが、イスラム教の話を聞いてきたそう。
名前も書いてもらったと喜んでました。
英語以外の触れあいが新鮮だったらしく、楽しかった様子。

ウィーク8は祖母が亡くなった週でした。
元気な祖母の写真を残しておきたくて、ちょっと古いけれどこの写真を使用。
90歳をすぎてもかわいらしい祖母、大好きでした。
なのでやはり悲しみは大きかったのですが、この週を作成することにより心が落ち着いた気がします。
私には、写真セラピー効果あった気がします。

| | コメント (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »