« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月31日 (日)

読書と「世界」

Ot130331
音楽、図工と成績があがったあち。
反面、イマイチだったのが、国語。
この一年読書は殆どせず、話しをしてても語彙、理解が不足してる気がする。

というわけで、春休みに読書へ戻すきっかけを探してみる。
絵本じゃすぐ終わるし、いきなり難しい本も読めないだろう…と
思ったところで見つけたこの本。

案の定夢中になったあちだけど、夜、TAROに読み聞かせてもらうと翌日、
「パパが読んだから、今はお父さんの世界になってるの」とポツリ。

あちには、どうやら読み聞かせは、読み手の世界が広がり、
本とずれてたり、ぴったりあったりするみたい。
(本を映画化したときに「原作」と比べるイメージ??)

3年生は、少しずつ読書に興味をもってほしいなぁ。

| | コメント (0)

2013年3月30日 (土)

Labo イースター

Ot130330
お隣のやっくんと話しあいをしてるのかと思いきや、
エッグにお菓子を詰め込んでいるらしい。
2人で一生懸命。

この日も合宿に続き、Laboイベントに丸々同行できず…。
ワタシは地域ボランティアだったので、
行きはテューター、帰りはお友達ママにお願いすることに(>_<)
本当にありがとう~m(_ _)m

詳しい話こそしないものの、
本人は「とっても楽しかった!」と大満足。

| | コメント (0)

2013年3月29日 (金)

よしもとおもしろ水族館

Ot130330_01_2
魚と触れ合い中。

ワタシの用事で横浜にいったついでに、中華街へ。
魚好きのうちに沢山触れ合ってもらいたいなぁと、よしもとおもしろ水族館へ。

Ot130330_02
この写真を最後に、カメラのバッテリー切れで
だんご姿(前からみたところ)が撮れなかったけど…。

前からみると確かにダンゴ、泳いでいる姿はとっても可愛かった。

クラスで親しんだカクレクマノミ、デバスズメ、ハタタテハゼ、チンアナゴ、クリオネ等々、知ってる種類が多かったので、あちは楽しかった様子。

| | コメント (0)

2013年3月25日 (月)

2年生修了

Ot130325_01
修了式の日に担任の先生にあげたもの。

はまっこで時々あるイベントでコツコツとプレゼントを作成。
ハートのフェルトは、海のイメージだそう。
プラパンはフェルトの中に入れるメッセージ。

Ot130325_02
そして先生からは1年間の写真とメッセージをおさめたDVDを頂く。
最初のころは殺風景だった教室が、3月には子供達の描いた魚の絵と、
先生の海の写真で、水族館の教室となっていた。
あちの成績も顕著で、先生から影響を受けた音楽と図工が成績アップ。
そして、時々学年の先生交替で、
お隣のクラスの先生に教えてもらった算数も成績アップ。

小学校の先生から、こんなに沢山影響を受けることがあるのかしら??と思うほど。
子供達の将来につながる「心の栄養」をたっぷりもらった1年だったなぁ、としみじみ思う。
親も子も心に残る1年だった。
両クラスの先生方、本当にありがとう。

そして、あちがずっと狙っていた、出停のない皆勤。
3年目にしてやっととることができた。
1年間がんばったね。

| | コメント (0)

Labo パーティ合宿

Ot130325
修了式のあった日の午後、パーティメンバーと野島公園に向かう。

MIWAパーティでは初の合宿。この日、野島には春の発表会の4パーティが集まり、
夕方は各パーティで、発表するお話しに取り組む。
夕食後は4パーティの交流会。
そして、翌朝は掃除やら部屋の整理。
こんな流れだったらしい。

ワタシが行ったのは夕食作りのお手伝い。
その後は帰宅し、翌日もお迎えに行っただけなので、様子が分からず。
この日のワタシの記憶はひたすらニンジンをイチョウ切りにしたことだけ…(苦笑)

宿泊してお手伝いにかかった他のパーティのお母様方、
宿手配&買い出し&1泊2日のとりまとめをしたテューターの皆さま、ありがとうございました。

| | コメント (0)

2013年3月22日 (金)

海弁 その2

Ot130322
本日、お弁当はまっこのため、
お弁当クラブ」にのっていたジンベエザメを真似て。
ストローがなく、口金を使用してるので、抜いた○が大きいけどsweat01
そして買い物ができなかったのを理由に、
周囲を埋めるの具材は前回と同じ(-_-;)
材料が同じでも見た目が変わればOKらしい。

とはいえ、今週は幼稚園以来、5日連続あちのお弁当を作成。
一週間を乗り切ってひとまず安心。
あちの2年生生活も25日の修了式を残すのみ。

| | コメント (0)

2013年3月20日 (水)

海弁

Ot130320
エイとダンゴウオとその子供(プチトマト)

TAROは家でお仕事、ワタシはお友達の作業のお手伝い。
あちは公園ランチのお友達グループに急遽混ぜて頂くことに。
「できればキャラ弁持参」とのお約束が。

ワタシが苦手分野でキャラ弁を作ったことが無く、考えあぐねていたら、
あちが「じゃあ自分で作るね!」といい、考えたのがまたまた海の生物…。
作りながら「キャラ弁じゃなく海弁だね」といいつつ、
主役以外は簡単な花とハートとブロッコリーでごまかして完成。
とりあえず本人が満足したのでよしとしよう。

| | コメント (2)

2013年3月17日 (日)

逗子教室 3月

Ot130317_01_2
珍しく!?いつの写真か分からなかったり、
アングルが小さいものを使用。
本当はもっと明るい写真がよかったのだけど、
小さい時のものだからかわいさで補ってみる(汗)

Ot130317_02_2
対して今年の夏の写真sweat01
LOができてたものの、先生の写真とLOがぴったりで、
タイトルも、真似してみたものの、
自分の写真を選べずに数ヶ月…やっと埋めたかんじ!?

Ot130317_03
そしてこちらも3年生になってからの写真で。
春、夏、冬が似合いそうな色合いがお気に入りshine

| | コメント (0)

2013年3月15日 (金)

アイロンビーズ

Ot130315
はまっこで作ってきたアイロンビーズ。

海好き魚好きの担任の先生の影響で、魚に染まった一年の集約。
下絵なしでエイ作ったよ、と嬉しそう。
波は所々濃い青、水色と色を変えて、エイの本体は、透明で。
胴体についている尾の部分は毒をもっているところ。
口はあえてつけなかったんだぁ、等々。

で、一番驚いたのが、エイの位置。
ビーズを置く時点で中心がずれたのかな、と思ったら、
わざと横にずらしたの、その方が泳いでいるように見えるから、と…。

好きなものって自然と表現が豊かになるのね。

先生が変わっても、こういう部分を上手くのばしてあげれると良いのだけど。

| | コメント (2)

2013年3月10日 (日)

基礎終了

Ot130317

なんだか、あっという間に終了を迎えていた。

手前から玄関、LDK、お風呂、洗面所、トイレとこじんまり。
今のところイメージ通り。
思ったより収納&納戸スペースが広く感じるのだけど、ここから小さくなっていくのかなぁ。

| | コメント (0)

三浦海岸 河津桜

Ot1303010
河津桜が見ごろなため、寄り道して見学。

初めてゆっくり見る河津桜はソメイヨシノと比べて色が濃いため、写真撮影むきかも。
風が強かったものの、暖かいし、ちょっと早いお花見気分。
来年はお弁当もってきてゆっくりしたいなぁ。

| | コメント (0)

基礎

Ot1303010_001

基礎が殆ど完成。仕事が早くてビックリ。

あちが「小さいお家だねぇ」と。
ハイ、小さいお家なの。掃除も移動もラクしたいcatface

小学生の引越しは、あちには負担なのはわかるのだけど、
こうして自分のお家が建っていくのを見れるチャンスはなかなかないかも。
記憶に残る年齢だし。
お引越しも生きてく糧になるといいなぁ。

| | コメント (0)

2013年3月 8日 (金)

朗読発表会

Ot130308
「スーホの白い馬」を朗読中。

「キッズパトロール」という、登下校時に見守りをしてくれる地域の方へのお礼で、
2年生が朗読発表会を行った。親も見学可ということだったので、遠慮なく参加。
しかし、ビデオのHDDの容量が足りなくなり、撮影は途中までdown相変わらず詰めが甘い。
朗読自体は2、3行で、家ではちょろっとしか練習してなかった。
とはいえ、学校で見守りの方々にお手紙をだしたり、練習を重ねていた様子。
昨日になって「歌の時にリコーダーふくことにしたんだぁnote」とあち。
前日に決めて大丈夫か!?と思ったのだけど、お友達と4人、やり通した(ビデオはないけど…)

ワタシのボランティアが地域活動の一部なので、キッズパトロールの中にも知り合いの方が数名いらしてた。地域の見守りに本当に感謝。

| | コメント (0)

2013年3月 3日 (日)

元素周期表

Ot130303
栄光ゼミナールの理科実験、前回に続き参加。

小学2年には(というか、あちには)ちょっと難しい話だったけど、作業は簡単だったので、楽しみながらやっていた。他には男子だけ…理科だし、敷居が高かったかも…それでも向かい合った子と会話しながら進めていたあちにちょっと驚き。

理科実験前にはテストがあり、その間親はセミナーを受けれる。ワタシの世代どころか、10年前ともちがってきている子供の進路。私自身も勉強になった。

| | コメント (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »